表紙の頁これまでの二十四節気 立春から大寒まで雑貨の頁2016-2017>2016-2017 立夏 小満

2016.05小満 麦秋至(むぎのときいたる) 
こうやって 季節の移ろいを感じながら
日々のなんでもない毎日を思い起こして キーボードをたたきます
庭にやってきた鳥の鳴き声 家族の気配 耳にしながら
今夜の夕食のメニューや明日の予定を巡らしながら
そして 娘の塾の面談日を間違えて一週間早く行って 先生を驚かせたのを思い出したり
かわりない毎日と 少しのうっかりと
とくに書き記すことがない程度がちょうど心地よい
 
About goods.
中川政七商店
保管にも少しこだわれるブリキ缶です。
「紅茶・珈琲・緑茶」中身が外からでも分かるように、それぞれの飲み物の色が付けられています。
中蓋付きで中身をしっかり守るので、茶葉やステックシュガー、のり等の乾物などアイデア次第で幅広い用途にお使いいただけます。並べておいても邪魔にならない細身のブリキ缶は、浅草橋の創業110年の老舗工場加藤製作所と中川政七商店で作られています。 シンプルで懐かしいブリキ缶です。

こちらでも御案内


2016.05小満 紅花栄(べにばなさかう) 
万物が育ちゆく 伸びやかな時になりました
娘を迎えに行く道すじは 緑豊かで 多くの人が訪れる神社が点在しています
気持ちの良いドライブ気分
早いお迎えでしたので なにか甘い物をと誘ってみたら
市内を走るうちに なぜでしょう行きついたのは うどん屋さん
夕ごはんがご希望でした 食の細い女の子ですが やっぱり育ち盛り 伸び盛り
 
About goods.
エストニアから届いたモミの木かご
暮らしの中にスッとなじむ、優しい雰囲気のモミの木かご。
年月が経つにつれ、あめ色のような味わいのある色に変化していくなど、生活の中で長く愛用していきたいアイテムです。
こちらのかごは、モミの木をベルト状に薄く削り出したもので編まれており、
エストニアのかご編み職人さんがひとつひとつ手作業でつくったものです。
平面だった木のスライスが職人さんの手にかかると、こんなに自由自在に立体的になるんです。
この他にも入荷しています。

こちらでも御案内


2016.05小満 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 
店の軒に菜種が干してあります
比叡山延暦寺の不滅の法灯に使われる油になるそうです
店のある町の自治会でも 栽培、収穫と経て そして乾燥です

私の住いは別にあり またそこも結婚してからの初めての場所
なので遠く離れた3つの場所を知ってます 
地域ならではの事も様々 何もかもが違って 違い過ぎて
それが面白く楽しめる 特権です
 
About goods.
職人が作り出す日本手ぬぐい、注染の色のにじみやゆらぎが魅力の「にじゆら」より
新しい手ぬぐいをもう一つ。
この夏は長ーい手ぬぐいが発売されました。その長さは180cm、通常の手ぬぐいの2倍です。
使い道はいろいろ。綿の素材が日本の夏にはぴったりで、手ぬぐいらしく汗拭きに、家事しごとやお弁当箱・ペットボトルなどを包んだり。インテリアとして棚やテーブルに敷くなど様々な用途にお使いいただけます。
首に巻いてストールにして、コーディネートも楽しめます。
手芸の素材としても十分な大きさです。
デザインは画像の他に2種類(各2色)ございます。

こちらでも御案内


2016.05立夏 竹笋生(たけのこしょうず) 
奈良の蚊帳屋で売られていた 寒冷紗
白のシャリ感がなんとも 清々しくて 
母と二人 チクチク チクチク 暖簾に仕立てて 店の軒先にかけました
店に足を運んでくださる方への目印に
店の中からは 眩しい陽射しが柔らかく なんとも心地いい
眺めに来てください
 
About goods.
職人が作り出す日本手ぬぐい、注染の色のにじみやゆらぎが魅力の「にじゆら」より
新しい手ぬぐいです。
ガーゼ素材を染め上げて作られた、ハンカチとストールになります。
柔らかい素材に柔らかな色彩が良く合いまって
汗ばむ季節にぴったりなアイテムです。小さなお子さまにも優しい肌触りです。

こちらでも御案内


2016.05立夏 蚯蚓出(みみずいずる) 
17の娘は 来春に新しい一歩が踏み出せるようにと せっせと頑張っています

この候 私と娘のどちらにも似ているところがある気がします
じっくり考えてから よく見てから そしてゆっくりな出だし
そのかわり 動き出せばせっせとやります
私の今年の手帳は 彼女についての予定が沢山 母もせっせと力添えします

About goods.
注染のにじゆら
職人が作り出す日本手ぬぐい、注染の色のにじみやゆらぎが魅力です。
新しい手ぬぐいが入荷しています。
サイズが大きかったり、ガーゼ仕様・・・そして季節の絵柄にひと工夫できる物もあります。
どれも使い勝手が良かったり、楽しめたりする手ぬぐいです、順にご紹介をさせていただきます。
店頭にお出ししております、是非お手に取ってご覧ください。

こちらでも御案内


2016.05立夏 蛙始鳴(かわずはじめてなく) 
夏のはじまり
五月晴れに 雨の青嵐 そして薫風と 外の景色も賑やかなら
母屋も賑やかな初候でした
さえずりの皆さんの作品展に沸いている間に 次候へ
ひとまず落ち着いて 梅雨のはしり しっとり雨の日に 追いつきましょう

About goods.
Finlandより
少しずつご紹介しています北欧雑貨に、
こんな手のひらに収まる大きさのミニノートもございます。
各一点ずつのみの入荷も珍しくありません、早い者勝ちの様で申し訳ないこともありますが、
ふと手にしたくなる雑貨が北欧からやってきています。

こちらでも御案内





                  2016-2017 清明 穀雨<<2016-2017 立夏 小満>> 2016-2017 芒種 夏至