表紙の頁催しの頁>若山 佳代子 ポジャギ展

若山 佳代子 ポジャギ展

2018.7.12 ㈭ - 7.29 ㈰

11:00-18:30
営業 木~日と祝日

恵まれた湖西の自然のなかに
身も心も包まれて創作できる幸せを 日々感じています
のどかな四季の光を透かして 縫い目が絵になり
風にそよぐポジャギの清々しさに
心を癒していただけたら嬉しいです

2018年7月12日(木) - 7月29日(日)
「若山 佳代子 ポジャギ展」 を開催いたします。

 開催のころは、
蓮の花が咲き始めて開いた花をのぞき込んだり、見上げる桐の木に花が咲いたりとすっかり夏の季節となります。
梅雨明けも近くなると日差しもさんさんとふり注ぎます。
 布の涼やかさ、手しごとの細やかさ、作り手の優しいあたたかみ、
夏の日でも涼しさを感じられる古い建物を使った雑貨店でひとやすみ、ポジャギをいかがでしょうか。

 今年2月はご主人さまの「若山久男 展 -硝子とガラスの灯り-」を開催しました。今回は奥さまの若山佳代子さんの個展となります。
 お二人とは、Yukiakariオープンの年の初夏の頃でした、ご夫婦のアトリエに伺い、作品を店へとお願いをしました。
Yukiakariの歩みとともに、お二人の作品は店にすっかり溶け込み、今では欠かせないモノとなっています。
「あたたかな、朗らか、優しい、穏やかな、やわらかに、にこやか.....」
お二人とお二人から作り出される作品に思う言葉です。

久男さんのガラスの作品では、冬の心地よい優しい灯り、穏やかさを感じる硝子を楽しんでいただきました。
今回は季節は移り、布が組み合わさって生じる清々しく端正な、盛夏の日に涼やかを思わせるポジャギをぜひお楽しみくださいませ。

店内にて開催の小さな小さな企画展となりますが、
若山佳代子さんの作品を数多くご覧いただけます。
手に取っていただき、癒しの一品を見つけにぜひお出かけくださいませ。

営業日 木曜~日曜と祝日
    11時~日暮れころ(18時30分頃まで〉
入場無料


 プロフィール

 若山 佳代子

 滋賀県高島市在住

  活動歴
  
  1949年 大津市に生まれる
  1992年 滋賀県高島市に転居
  
  パッチワークキルト大辻ふじ枝氏に学び
  韓国ポジャギを李玉禮氏に師事

  2003年より湖西の工芸家グループ「あけっぴろげ」に参加
  現在に至る