表紙の頁催しの頁>若山 久男展

会期無事終了しました。多くの皆さまにお越しいただきました、ありがとうございました。
ミニ企画展
若山 久男 展 -硝子とガラスの灯り-

2018年2月22日(木) - 3月18日(日)

琵琶湖の西の山の麓に移り住み
豊かな自然の中で
生まれたガラスの灯りを
お楽しみ下さい

2018年2月22日(木) - 3月18日(日)
ミニ企画展 「若山久男 展 -硝子とガラスの灯り-」 を開催いたします。

「琵琶湖の西の山の麓に移り住み
 豊かな自然の中で生まれたガラスの灯りを お楽しみ下さい」若山 久男

Yukiakariのオープンは2013年3月、その年の初夏の頃でした。
ご夫婦のアトリエに伺い、お二人の作品を店へとお願いをしました。
作家さんへお声掛けをさせていただいた初めての方です。
Yukiakariの歩みとともに、お二人の作品は店にすっかり溶け込み、今では欠かせないモノとなっています。
「あたたかな、朗らか、優しい、穏やかな、やわらかに、にこやか.....」
お二人とお二人から作り出される作品に思う言葉です。

今回は久男さんのガラスの作品について企画させていただきました。
暦の上では春と言うのに、
春の兆しは見つけられるものの、まだまだ冬お部屋で過ごすことの多い時期です。
心地よい優しい灯り、穏やかさを感じる硝子を楽しんでいただけたらと願っています。

店内にて開催の小さな小さな企画展となりますが、
若山久男さんの作品を数多くご覧いただけます。
手に取っていただき、癒しの一品を見つけにぜひお出かけくださいませ。

営業日 木曜~日曜と祝日
    11時~日暮れころ(18時頃まで〉
入場無料


 プロフィール

 若山 久男

 滋賀県高島市在住

  活動歴
  
  1943年 栃木県に生まれる
  1969年 滋賀県大津市に住まう
  1992年 滋賀県高島市に転居
  1992年 ステンドグラスを上野恵子氏に師事
  1993年 グラヴュールを増田文彦氏に師事
  1997年 高島市高島(冨坂)に工房を開く
  2003年 湖西の工芸家グループ「あけっぴろげ」に参加 現在に至る


※上記 DMの宛名面をクリックしていただくと、店までの御案内画面に移動します。


 よつかど喫茶「春待ちの喫茶」

2月22日木曜
3月11日日曜
「 春を感じるお茶と 小さなお菓子」 

まだ寒さの残る日々に,
春の華やかさを感じるお茶をご用意しました。
小さなお菓子つきです。
若山久男展とともにゆっくりお楽しみください。

 よつかど喫茶
地方×人のつながりで暮らしが楽しくなるような
お手伝いをお茶を通してしたいと思っています。
出張喫茶や青空喫茶をしています。

                 〈menu〉
                 春の柑橘紅茶
                 さくら煎茶
                 こちらの2種のお茶から選んでいただけます

                 小さなお菓子とのセット 500円(2/22は限定15セット)
                 お茶のみ 300円

                    ※ 焼菓子につきましては数に限りがございます、ご予約も承っております。