表紙の頁これまでの二十四節気 立春から大寒まで雑貨の頁2015-2016>2015-2016 寒露 霜降

2015.11 霜降 せんたく 
行楽帰りにお店に立ち寄ってくださる方々に 山々の染まり具合を聞かせてもらえます
良い季節になりましたね と会話が弾みます
楓蔦黄(もみじつたきばむ)
Y ukiakariの庭にも秋に鮮やかな姿になる草木が多くあります
まだどれも苗木ばかり 芽吹いたばかりで青い葉の桂 
膝より低くて真っ赤な葉も数枚のもみじ それからそれから
だんだんと立派になって この庭で 良い季節ですねの声が聞けるようになりますように
 
About goods.
THE 洗濯洗剤
とても優秀な洗剤です。
1.驚異的なスピードで生分解できる環境負担の低い洗剤です。1日で94%、7日後には100%という速さで生分解されます。
2.1回のお洗濯で使う洗剤は、ティースプーン1杯のわずか5ml。一般的な洗濯洗剤のわずか3分の1の使用量です。
 界面活性剤が少ないと油汚れが落ちにくくなると言われますが、少量でも優れた洗浄力を発揮します。
3. 綿、麻、化繊、ウール、シルク、ダウン素材やレインウェアなどの防水透湿性素材まで、これ1本で洗えます。
4.油分を100%スピーディーに生分解するため、油分の再凝集(一度ひきはがした汚れが、再び凝り固まること)がなく、
 排水パイプの異臭、詰まりがなくなるのも魅力です。
5.スプレーボトル容器に1: 4の比率で薄めたTHE洗濯洗剤を入れれば、お風呂、洗面所、トイレ、水回りのお掃除などに
 活躍する万能洗剤にもなります。
使って実感していただきたい洗剤です。


Christmas Market 2015.11.1~12.25
今年も11月1日よりクリスマスまでChristmas Marketを開催します
定番のアイテムのほか、ドイツなどから来たクリスマスgoods、
刺繍作家さんのクリスマスがテーマの作品などなど
そして、大切な人へのプレゼントに自身へのご褒美にとピッタリのアイテムが揃いました。
そしてChristmas Market期間中、Y ukiakariの窓を今年は白い美濃和紙が彩ります。
 


2015.10 霜降  マルヒロ 
霎時施(こさめときどきふる)どこかしら淋しげな語感ですが
しかし我が家のは 家族の祝い事があって 
楽しい嬉しいが時雨れる 賑やかな深秋
大きな区切り目だったので カードのメッセージにも時間をかけます
きっと様々な場面で様々な言葉をもらう機会があるでしょう 
なので母から贈るのは 長く続くこれからを このままそのままで ゆっくりとを込めました
 
About goods.
マルヒロ 馬場商店 いろは 
丸文, 麻の葉文, 菊文の茶碗と平皿 。 江戸時代、長崎県波佐見町で作られていた庶民の磁器食器「くらわんか碗」、
高価な磁器を庶民が使えるように、様々な工夫を凝らして安く提供していました。
グレーがかった白磁に簡略化した呉須の模様が特徴。のびのびと描かれた絵付けは今日でも魅力的な文様として人気があります。
その頃の文様をあしらい、くらわんか碗の親しみある素朴な風合を再現しています。
手に持ったときのおさまり感がいい陶器です。


2015.10 霜降  Cookie Cutters 
快晴が続いて もう私も庭もカラカラ
そんなある朝 早くに店へ向かう車から見た空は 薄ぼんやりの重い雲が張り出して 
冬っぽい冬がくると喜んで
ここは霜まだ先だけれど 霜始降花(しもはじめてふる)
家へ帰ると まあムーミンたちリトルミーたち 出来栄えといつもの美味しさに嬉しくて
ひんやりする夜なので 娘とくっついて過ごします 楽し

About goods.
フィンランド MARTINEX社製のムーミンシリーズのCookie Cutter
プレーンのままでシルエットで楽しんだり、アイシングでデコレーションしても
・・・クッキー以外の食材の型抜きとしてもご利用になれます。
ムーミン一家を作ってみてください。


2015.10 寒露  冬じたく 
蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)戸口近くから聞こえる 蟋蟀の歌に促されて冬支度 
夕方はあんなに気が急いていたというのに
秋の夜長は物事をするのに良い時間
宵っ張りの朝寝坊の悪いくせがでできそう 

About goods.
mino-ashi レッグウォーマー
日本一のニット生産地である新潟・五泉で作られています。
90% wool / 10% cashmereの冷えやすい足首をしっかり暖める レッグウォーマーです。
伸縮性と空気を多く含む糸の構造は、スポンディッシュなふくらみとやわらかい風合いを作り出しています。
ボリューム感たっぷりですが、その軽さに驚きます。5色とも原毛の状態で染める染色法を使うことにより、
豊かな表情を持った色に仕上がりになっています。


2015.10 寒露   CAFE STAND
菊晴れの清々しく青く広がる空を 庭から見上げて すっとさわやかな空気を深呼吸して
Takeout Cafeをはじめます
駆けゆくように去る秋のひとときを 外で気持ちが良いひとときに
菊花開(きくのはなひらく) おまちしています

About goods.
CAFEというにはささやかです。そのかわりですが、気軽に手軽にお茶のひとときを楽しんでもらいたいCAFE STANDです。
みさなまに楽しんでもらえますよう、ベンチのある庭を作りました。
母娘で力を合わせも力不足、多くのやさしい人たちが手を貸してくれています。
草木が育つのはこれからまだまだ、造作もこれからしないといけないことが多く残っていますが、
そんな段々に出来ていく手作りの庭を楽しんでください。


2015.10 寒露  リサ・ラーソン
鴻雁来(こうがんきたる)冬を連れてきてくれる気分です
一人暮らしの娘から 最近起きれないからモーニングコールしてね 疲れているのかなぁと
いいえ 日の出が遅く あさ冷えるようになったからです
お気に入りの毛布が心地よ過ぎるのでしょう
こうしてパソコンに向うのも足元がひんやり 私もいつものブランケットを出しました

About goods.
LISALARSON MASHIKO NO SARA
益子焼のお皿です。益子焼は石材粉や古鉄粉を釉薬にして、犬毛筆で色づけをします。
重厚な色合いとぼっ てりとした肌触りが魅力の陶芸です。
リサ・ラーソンと人間国宝、濱田庄司の出会いから60 余年。リサが、ずっと作りたかった益子焼きの平皿です。
リサ・ラーソンは1950 年代に益子焼きを世にひろめた濱田庄司と出会い、日本の陶芸について学びました。
以来、リサは日本の文化に強い興味を持ち続けており、いつか益子焼の作品を作りたいと夢見ていました。
その夢が6 種のお皿になって現実になりました。

この他にも、可愛らしいアイテムが入荷してきました。






                 2015-2016 白露 秋分<< 2015-2016 寒露 霜降 + Christmas Market >>2015-2016 立冬 小雪